医療レーザー脱毛は、脱毛後、自然に毛が濃くなることはありません。

「自分でムダ毛を処理したら毛が濃くなった」という声をよく耳にします。ムダ毛を自己処理すると、どうしても肌に大きな負担がかかってしまい、色素沈着やかぶれを起こしたり、毛が太く、濃く見えてしまうといったトラブルをかかえがちです。例えば、カミソリでムダ毛を剃った場合、表面的にはスッキリします。

 

しかし、それは単に細い毛先を落としただけのことで、剃った断面は平たく太くなっています。その状態の毛が次に出てくるので、毛が濃く見えるというわけです。医療レーザー脱毛は、毛根そのものを消滅するので毛が再生することもなく、このような悩みに煩わされることもなくなります。

 

ひと口にレーザーといっても、さまざまな性質をもっています。レーザーはある特定の色にのみ反応するとお話ししましたが、例えば、赤アザの治療には、赤い色素に吸収されるレーザーを使います。脱毛には、メラニン色素に吸収されるレーザーを使うというように、使用する目的によってレーザーの種類もおのずと異なります。アメリカでは、脱毛処理にルビーレーザーとアレキサンドライトレーザーが用いられています。

 

ルビーレーザーはアレキサンドライトレーザーに比べてメラニン色素への反応が強く、倍近くの吸収率がありますが、皮層の表皮に多くのメラニン色素をもつ有色人種には、アレキサンドライトレーザーのほうが適しています。当クリニックでは、このような理由から日本人にあった医療脱毛専用のアレキサンドライトレーザーを使用しています。

 

電気針脱毛で1本1本処理するのはもう過去のもの。今は医療レーザー脱毛が主流です。

 

これまでお話ししてきたように、従来行われていた電気針脱毛にはさまざまな欠点が含まれていることがおわかりいただけたと思います。電気針脱毛は1?2年という長期間を要し、たいへんな痛みを伴い、そのうえ莫大な費用がかかります。しかし、医療レーザー脱毛なら、もうそのような苦痛を強いられることはありません。