医療レーザー脱毛は毛周期に関係なく脱毛できます。

体毛は、成長期、退行期、休止期といわれる一定の周期を繰り返して生え変わります。この発毛のサイクルを毛周期といいます。毛は、皮層の表面に出ていなくても、皮下には伸びかけの毛や休止期にある毛もあります。

 

針を用いた電気針脱毛は、何千という毛穴に1本1本針を刺して毛根に電気を流していくので、たいへんな時間がかかります。しかも、目にみえる毛しか処理できないため、発毛準備中の毛や休止期の毛はそのままになってしまいます。表面上はきれいに処理できても、また毛は生えてきてしまいます。しかし、医療レーザー脱毛なら、毛周期に関係なく、ほとんどすべての毛根を消滅することができます。

 

なんといっても医療レーザー脱毛は、ムダ毛の長さがどのような状態でも脱毛が可能です。
医療レーザー脱毛をするからといって、ムダ毛を伸ばす必要はありません。医療レーザー脱毛は、ムダ毛の長さを問わず、きれいに脱毛できます。ただし初回のみ毛の量や密度といった状態をみるため若干伸ばして来院してください。

 

医療レーザー脱毛は痛みがなく、2カ月に1回、わずか2?3回の治療で脱毛が終了します。
痛みが気になるという方もいらっしゃいますが、恐れる心配はまったくありません。わずかに輪ゴムをパチンとはじいた程度です。医療レーザー脱毛は、その人個人の毛の状態や性質などによって、照射の回数が少し異なります。一度ですむ人もいれば、二度の人、あるいは三度の人もいます。

 

平均的な回数は2回が多いようです。なぜ一度で終了しないのかというと、完全休止期にある毛根はメラニン色素が薄いために完全に消滅することが難しく、また、毛根の大きさや毛の太さ、毛の密度などにより、打ちもらすことがあります。もし、気になるようなら、一定期間をおいてから来院していただき、二度目のレーザー照射を行います。二度目の処置をすれば、脱毛はほとんど完了するでしょう。