発毛中枢を安全確実に消滅させます。

体毛は、毛幹と毛根に分けられます。毛幹は皮層の外に出ている部分の毛で、毛根は皮層の下にある部分を指し、毛の根元は、皮層の真皮層の下の皮下組織にまで達しています。この根っこの部分は毛球部といい、その底のくぼみの部分を毛乳頭といいます。毛乳頭には血管や神経が通じていて、ここから栄養分が体毛の発生源である毛母細胞へと送られます。毛根自体は白色ですが、その周囲には茶色のメラニン色素がたくさん集まり、層を成しています。

 

ちなみに、このメラニンウブ毛細胞も毛乳頭部分にあります。先ほど、レーザーは特定の色にのみ反応する性質があるとお話ししましたが、医療レーザー脱毛はメラニン色素に対して選択的に反応するレーザーを使用します。脱毛したい部分にレーザーを照射すると、メラニンに吸収されたレーザーの熱エネルギーが皮下の毛根部分、すなわち発毛中枢を破壊するというわけです。しかも、それは瞬時に行われ、安全・確実にムダ毛を完全に処理することができます。

 

医療レーザー脱毛は、皮層にまったく傷がつきません。

 

医療レーザー脱毛には、数多くの優れた特長がありますが、皮層をまったく傷つけないということも大きなメリットの一つです。レーザーを照射するとレーザー光がメラニンに吸収されますが、メラニンは皮層の表皮にも存在します。したがって、表皮のメラニンには吸収されずにその奥の毛根周囲のメラニンにしっかり反応するよう、レーザー光をうまくコントロールすればよいわけです。そして、レーザー光は周辺組織には反応しないため、皮肩にダメージを与えるということはないのです。

 

脱毛方法には多くの種類があります。通常、家庭では脱毛ワックスやテープ、除毛クリーム、毛抜きなどを用いてムダ毛を処理したり、カミソリや電気シェーバーでムダ毛を剃ったりするなどの方法がとられています。

 

しかし、この方法は一時的なもので、ムダ毛はまた生えてきます。また、エステティックサロンなどで針による電気針脱毛、いわゆる永久脱毛を行っても、完全には処理しきれないのが実状です。

 

完壁にムダ毛を処理するためには、毛の発生源である毛乳頭を消滅しなくてはなりません。脱毛ワックスやテープ、毛抜きなどで毛を引き抜いてもまた生えてくるのは、毛乳頭が残っているからです。では、電気針脱毛はどうでしょうか。この方法は、いわば手探りで毛穴に針を差し込むために、毛根ではないところに挿入してしまったり、毛根まで達しない場合もあるために、不完全な処理に終わってしまうのです。

 

しかし、医療レーザー脱毛は、瞬時に毛乳頭を消滅させることができます。毛乳頭は毛細血管から栄養を取り入れて発毛を促しますが、この毛乳頭が消滅されれば栄養が送られなくなり、毛が再生されることはありません。